上り(読み)ノボリ

デジタル大辞泉「上り」の解説

のぼり【上り/登り/昇り】

下から上へ、低い所から高い所へ移動すること。また、その道や流れ。「山の―はきつい」「角を曲がると急な―になっている」⇔下り
鉄道の路線や道路で、各線区ごとの終点から起点への方向。また、その方向に走る列車・バス。「―の電車」「―線ホーム」⇔下り
地方から都へ来ること。上京。「お―さん」⇔下り
《北に内裏があったところから》京都内で南から北に行くこと。⇔下り
電気通信網における、末端から中心に向かう方向。無線・有線通信の端末から基地局、インターネットの利用者のパソコンからプロバイダー、通信機から通信衛星など、各通信網の中心方向を上りと見なす。上り方向の回線または通信経路をアップリンクという。⇔下り
[下接語]岩登りうなぎ登り登り川上り木登り京上り上り沢登り滝登りはつ上り山登り葦登よしのぼり
[類語]上京

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android