コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上り/登り/昇り ノボリ

デジタル大辞泉の解説

のぼり【上り/登り/昇り】

下から上へ、低い所から高い所へ移動すること。また、その道や流れ。「山の―はきつい」「角を曲がると急な―になっている」⇔下り
鉄道の路線や道路で、各線区ごとの終点から起点への方向。また、その方向に走る列車・バス。「―の電車」「―線ホーム」⇔下り
地方から都へ来ること。上京。「お―さん」⇔下り
《北に内裏があったところから》京都内で南から北に行くこと。⇔下り
電気通信網における、末端から中心に向かう方向。無線・有線通信の端末から基地局、インターネットの利用者のパソコンからプロバイダー、通信機から通信衛星など、各通信網の中心方向を上りと見なす。上り方向の回線または通信経路をアップリンクという。⇔下り
[下接語]岩登り鰻(うなぎ)登り御(お)登り川上り木登り京上り早(さ)上り沢登り滝登り初(はつ)上り山登り葦登(よしのぼり)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

上り/登り/昇りの関連キーワード座席急行「津軽」殺人事件ダウンロード踏み段・踏段シフトダウン何処をはかとヒルクライムだらだら上り縦断勾配錯視つぎねふや上り/下り空足を踏む坂下・坂本盛々饅頭V.90打ち頻る単線軌道上がり口上り列車流合雑音上り下り

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android