コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Microsoftアカウント まいくろそふとあかうんと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Microsoftアカウント
まいくろそふとあかうんと

マイクロソフト社が提供する、各種サービス間で共通利用が可能となる個人認証システム。同等なサービスは「マイクロソフト・パスポート・ネットワーク」(1997~)から始まり、「Windows Live ID(ウィンドウズライブアイディー)」(2005~)を経て、2012年より現名称となった。
 アカウント名(ユーザー名)には日頃使っているメールアドレスを使用できる。提供されるサービスは、「スカイプSkype」(無料のインターネット通話サービス)や「ワンドライブOneDrive」(15ギガバイトまで無料の画像や動画のストレージサービス)、アプリのダウンロード、マイクロソフト・ストアでのオンラインショッピングなど。また、Windows 8.1以降の環境で登録すると「ワンドライブ」などのストレージサービスやウェブメールサービス(Outlook.com)へ自動ログインしたうえで利用できる。ただし、アカウントの登録は無料であるが、連続して2年以上サインインがない場合はサーバーから削除される。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パソコンで困ったときに開く本の解説

Microsoftアカウント

マイクロソフトのネットサービスを利用するためのアカウントです。ウィンドウズ8では、パソコンを利用するためのアカウントとしても使用でき、サービスを利用する個別のアプリでアカウント情報を入力する手間を省く、パソコンの設定をネット上に自動バックアップするなどの機能が使えます。
⇨ローカルアカウント

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

Microsoftアカウントの関連キーワードマイクロソフトアカウント

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Microsoftアカウントの関連情報