コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

OSI おーえすあい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

OSI

開放型システム相互接続の略で、異機種やアプリケーションどうしを接続する通信プロトコルのこと。1977年にISOが提唱し、その後ITU-Tによって、X.200として勧告された。ネットワークプロトコルが通信機器からアプリケーションまでの7つのレイヤー(階)に分類されており、各レイヤーで使用されるソフトウェアや機器の違いを意識することなく通信を行えるようになっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

OSI

〖Open Systems Interconnection〗
異種コンピューター間や異種ネットワーク間の接続ができるように、ISO が制定したコンピューター-ネットワーク用の通信プロトコル。開放型システム間相互接続。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

OSIの関連キーワードネットワークインターフェイス層ネットワークアーキテクチャーネットワークアーキテクチャアプリケーションスイッチエンタープライズ向け技術ブリッジ(ネットワーク)セッション (OSI)データリンクプロトコルプレゼンテーション層中国・期限切れ肉問題メディアアクセス制御エリック・レイモンドアプリケーション層パケットドライバーsymposistOSI参照モデルジョージ ソロストランスポート層オープンシステムOSI階層モデル

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

OSIの関連情報