PDS(読み)ぴーでぃーえす

ASCII.jpデジタル用語辞典「PDS」の解説

PDS

Public Domain Software著作権や所有権を完全に放棄し、誰でも自由に使用、配布できるソフトウェアのこと。フリーソフトウェアなどの開発者が事情により開発できなくなった場合などに、ソースコードやオブジェクトと共にソフトウェアをPDSとして公開することが多い。オープンソースの理念と相まって広まっている。オープンソースフリーソフトウェアPassive Double Star⇒PON

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「PDS」の解説

ピー‐ディー‐エス【PDS】[personal data store]

personal data store個人情報ライフログを個人自身が蓄積・管理して、企業に販売したり、情報銀行に委託したりする仕組み。パーソナルデータストア。パーソナルデータサービス。

ピー‐ディー‐エス【PDS】[public domain software]

public domain software》⇒パブリックドメインソフトウエア

ピー‐ディー‐エス【PDS】[passive double star]

passive double star》⇒ポン(PON)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のPDSの言及

【電子情報の知的所有権】より

…料金の支払い時期は試用の後とされるのが普通。パブリックドメインソフトウェア(PDS)法律の規定により著作権の対象とならないか,あるいは著作権が消滅したソフトウェア。アメリカでは政府機関が作成したソフト等は著作権の対象とならないので,多数のPDSが存在するが,日本やヨーロッパでは政府機関の作成したソフト等も著作権の対象となるので,原則としてPDSは存在しない。…

※「PDS」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android