情報銀行(読み)じょうほうぎんこう(英語表記)Information Bank

  • じょうほうぎんこう〔ジヤウホウギンカウ〕

知恵蔵miniの解説

インターネット通販の購買履歴や健康情報などの個人データを預かり、本人同意を得た上で企業などの第三者に提供するサービス。情報銀行は個人データの管理と運用を担い、サービスを利用する企業は個人データを商品開発や販売促進活動などに活用する。データを提供した個人には、企業から報酬やサービスといった対価が支払われる。国は2016年末から17年にかけて「官民データ活用推進基本法」の制定や「改正個人情報保護法」の全面施行などの法整備を行い、個人情報を保護しながら広く流通・活用できる環境を整えている。18年11月より株式会社電通が、19年度から三菱UFJ信託銀行株式会社がサービス開始を予定するなど、企業の情報銀行事業への参入が加速している。

(2018-9-4)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

個人情報を預かり、利用者の同意する範囲内で管理運用し、その対価と便益を本人や社会全体に還元する事業者。また、そのサービス。個人の行動履歴や購買履歴などの個人情報データは、必要に応じて匿名化されたのち、他の事業者に提供される。情報利用信用銀行情報信託銀行インフォメーションバンク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

情報銀行の関連情報