PalmPilot(読み)ぱーむぱいろっと

ASCII.jpデジタル用語辞典「PalmPilot」の解説

PalmPilot

米U.S. Robotics社が開発したポケットサイズの携帯情報機器。Graffitiと呼ばれる独自の技術で手書き文字認識を行なう。のちにPalm Computing社が引き継ぎ、3Com社の一部門となったが、その後分社化し独立している。日本での取り扱いはスリーコムジャパン。小型情報端末の先駆けとして人気を呼び、のちに同種の携帯端末であるWorkPadがIBMから発売された。メモ帳、スケジュール帳、住所録などの基本機能をもち、クレードルと呼ばれるハードウェアを介してコンピューターの情報と同期させることができる。後継機種にPalm Ⅲ、Palm Ⅴがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android