手書き文字認識(読み)テガキモジニンシキ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

手書き文字認識

手書きの文字を読み取り、テキストに変換すること。専用のペンタッチパネルを利用して手書き文字を入力する方法と、スキャナーなどで原稿を取り込んだ画像データから、テキストに変換する方法がある。後者をOCRという。Windows Vista以降では、Tablet PCの機能のひとつとして、手書き文字認識を備えている。また、スマートフォンPDAなどの携帯情報端末は、専用のペンで画面上に書いた文字を認識する機能を持つ製品が多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手書き文字認識
てがきもじにんしき
handwritten character recognition

手書きした文字や数字パターン認識してデジタルデータに変換するシステム。タブレット画面上にペンで文字を書くことによって,その形や筆順などから文字を認識・特定し,入力を実行するという方式キーボード代用として利用できる技術で,実用化例としては,日本語入力システムにおける難読漢字の入力がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android