コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RCD アールシーディー

世界大百科事典 第2版の解説

アールシーディー【RCD】

中東・南アジアの3国の地域開発協力機構Regional Co‐operation for Developmentの略称。1955年に締結された地域軍事ブロックのCENTO(中央条約機構)が東西冷戦緩和にともなって経済協力関係を発展させようと,65年RCDを結成した。イランパキスタントルコの3国が加盟し,本部はテヘランに置かれる。地域的基礎での通信・技術・教育・保健の各面の共同計画をすすめる目的をもっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

RCDの関連キーワードアルフレッド・ディ・ステファノ立憲民主連合[チュニジア]ネオデストゥール党ハビエル・アギーレリオネル・メッシジャスミン革命国際癌研究機構チュニジア大久保嘉人コンゴ内戦中村俊輔

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android