コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RENESIS(サイド排気ポート方式ロータリエンジン)

日本の自動車技術240選の解説

RENESIS(サイド排気ポート方式ロータリエンジン)

従来のペリフェラル排気ポート方式からサイド排気ポート方式に変更することで、高性能化、燃費改善、低排出ガスを実現した。保管場所
製作(製造)年2003
製作者(社)マツダ株式会社 (〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3-1)
資料の種類-
現状量産
型式13B-MSP
種類ガソリン
会社名マツダ株式会社
通称名-
用途乗用車用機関
搭載車種RX-8 Type S
製作開始年2003
シリンダ配列・数直列2ロータ
サイクル/冷却方式4サイクル/水冷
弁型式/数なし
燃焼方式燃料噴射式
燃焼室バスタブ
総排気量654 x 2 cc
内径×行程240.0 X 180.0 X 80.0(ロータリ)mm
圧縮比10.0
質量(重量)124 kg
点火システムフルトランジスタ式、バッテリ点火
放熱器方式コルゲート形
最高出力184 kW (250 PS)/8500rpm
最大トルク216N・m(22.0kg-m/5500rpm
燃料消費率
排気ガス対応三元触媒(モノリス)
過給機形式なし
インタークーラーなし
可変装置なし
吸気系シーケンシャル・ダイナミック・エア・インテーク・システム
排気系
エピソード・話題性ロータリエンジンの量産後初めて排気ポートをサイドポートに変更。2003年度「日本機械学会賞(技術)」受賞インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2003年、2004年受賞2004RJCテクノロジーオブザイヤー受賞
特徴出力、燃費、排ガス性能を両立
参考文献2003ロータリエンジン(広報資料)マツダ技報第21号
紹介「RENESIS」は、「サイド排気ポート」に加えてシーケンシャル・ダイナミック・エア・インテーク・システムなど革新技術の採用により、自然吸気でありながら高出力を実現すると同時に、燃費や排出ガスのクリーン化についても、従来のロータリエンジンに比べて大きく改善した。小型・軽量・高性能というロータリエンジンの本来の特質をさらに進化させたことにより、「本格スポーツカーにして4ドア・4シーターを備える」という「マツダRX-8」のまったく新しいコンセプトの具現化を可能にした。

出典 社団法人自動車技術会日本の自動車技術240選について 情報

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android