コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RKKY相互作用 RKKY interaction

1件 の用語解説(RKKY相互作用の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

RKKY相互作用【RKKY interaction】

金属中の伝導電子が,スピンをもった原子やイオン(局在スピン)の存在時にこれらと交換相互作用を起こし,スピンの向きが部分的に揃うようになる.この伝導電子が第二の局在スピンと相互作用を起こすため,結果的に双方の局在スピン間に相互作用が生じる.これをRKKY相互作用という.これは局在スピンが核スピンの場合にはルーダーマン(M. A. Ruderman)とキッテル(C. Kittel),電子スピンの場合には糟谷忠雄と芳田奎によってそれぞれ独立に導かれたもので,四人のイニシャルをとってRKKY相互作用と呼ばれている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

RKKY相互作用の関連キーワード電子スピン共鳴伝導電子ナイトシフト近藤格子スピン相関規則ゾンマーフェルト定数パウリの常磁性ファノ効果(原子物理)量子サイズ効果ローレンツ比

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone