コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SA-12 エスエーじゅうに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

SA-12
エスエーじゅうに

ソ連軍が 1986年に部隊配備を始めた移動式 SAM (地対空ミサイル) 。A型は西側でグラジエーター Gladiatorと呼ばれ地上部隊に配備,B型はジャイアント Giantと呼ばれ防空軍 VPVOに配備されており,ある種の弾道ミサイルや巡航ミサイル迎撃能力をもつとみられる。自走式発射機3両,レーダ車1両,指揮車1両,次発装填車1両で1中隊を構成する。主要目は,A型が有効射程 5.5~80km,有効高度 900~3万m,速度マッハ3,全長 7.5m,直径 50cm,発射重量 1.7t,推進方式固体燃料。B型は射程 100km,全長 10m,直径 85cm,発射重量 3.3t,推進方式固体燃料。弾頭は破砕弾頭または核弾頭。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

SA-12の関連キーワードジャーマン今西祐行灰谷健次郎アイゼンマン木村敏桑原史成新藤兼人彗星・小惑星探査機スペースシャトル中川李枝子

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SA-12の関連情報