コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SGD

外国為替用語集の解説

SGD

シンガポール・ドル。シンガポール共和国の通貨。1819年にスタンフォード・ラッフルズ卿がイギリスの貿易拠点として開拓、1965年に独立、2004年11月現在419万人あまりの中国系(76.2%)、マレー系(13.8%)、インド系(8.3%)、ユーラシア系シンガポーリアンが共存する、東南アジアでもっとも近代的で成功を遂げた都市。シンガポール・ファイナンシャル・センターは1960年代後半に開発が始まり、今日の金融サービスはシンガポールのGDPの11%を占め、アジアの重要な金融センターのひとつ。

出典|(株)マネーパートナーズ外国為替用語集について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エス‐ジー‐ディー【SGD】[Singapore dollar]

Singapore dollarISOで定義された通貨コードの一。シンガポールドルのこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

SGDの関連キーワード自国通貨に「ドル」の呼称を使用している国シンガポールの要覧

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SGDの関連情報