コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SNA えすえぬえー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

SNA

米IBM社が開発した、メインフレームで採用されている通信制御の仕組みのこと。主に、同社の販売する大型のメインフレームに標準で搭載されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エス‐エヌ‐エー【SNA】[United Nations System of National Accounts]

United Nations System of National Accounts》一国の経済状況を国際的に比較できるような形で記録するために国連が定めた基準。また、それに従って作成される国民経済計算。国民経済計算体系。
[補説]1953年に国連統計委員会が作成し、1968年、1993年、2008年に改定されている。93SNA、08SNAなどと略称される。

エス‐エヌ‐エー【SNA】[System Network Architecture]

System Network Architecture》システムネットワーク体系。IBM社のコンピューターネットワークに関する体系的な考え方。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

SNA

〖System of National Accounts〗
国連の、国民所得勘定方式。国民所得の国際的統一を図るために 1952 年に制定。68 年、93 年に改訂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のSNAの言及

【国民経済計算】より

…このようなシステムのことを〈完全接合体系〉という。
[SNA]
 この3勘定1部門モデルを適当な〈部門〉分割を与えて細分した標準システムが,国連の公表になるSNA(System of National Accounts)である。これは1952年に初めて作成され,68年に改訂が行われ,現在,国民経済計算の標準方式となっている。…

※「SNA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

SNAの関連キーワードストーン(John Richard Nicholas Stone)System of National Accountsシクロヘキシルスルファミン酸ナトリウムジョン・リチャード・ニコラス ストーンフィスカル・インディケーター国民および部門別貸借対照表市場価格表示・要素費用表示コモディティー・フロー法経済活動別国内総生産国内総固定資本形成社会生活統計指標季節調整済み計数キャピタルゲイン産業別商品産出表産業別商品投入表社会人口統計体系実質国内総生産非金融無形資産資本調達勘定民間資本形成

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android