コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民経済計算体系 こくみんけいざいけいさんたいけい System of National Accounts; SNA

3件 の用語解説(国民経済計算体系の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民経済計算体系
こくみんけいざいけいさんたいけい
System of National Accounts; SNA

国連国民所得勘定方式。国民経済計算は国際比較の観点から統一した基準で作成される必要があり,その標準体系を決めたものが国連の提案による SNAである。 1952年に公表された旧 SNAは,国民経済計算全体をカバーするものではなく,国民所得勘定の体系を中心とするものであった (国民所得勘定の標準体系には,1952年のヨーロッパ経済協力機構によるA Standard System of National Accounts〈SSNA〉もある) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

国民経済計算体系

1968年、国連によって国民経済計算(68SNA、新SNA)が提唱された。それまでの国民所得統計(旧SNA)では、もっぱら生産、投資、消費といったフローマクロ的把握を目的としていた。これに対し、68SNAでは、国民所得統計に産業連関表資金循環表国際収支統計国民貸借対照表が加わり、ストックも含み、一貫した基準に従った国民経済の全体的把握が可能になった。また、財貨・サービスの生産、輸出入、在庫変動等から2000以上の品目の総供給量を推計、需要(消費や投資)項目別に流通段階ごとに把握するコモディティ法(コモ法)を採用したことで、より生産活動を精密に推計できるようになった。さらに93年には、経済構造の変化に対応し、より精密な統計体系を求め、国連により68SNAが改定された(93SNA)。日本も国連の勧告に従い、2000年から93SNAに移行。93SNAの特徴は、(1)主体系の刷新(キャピタル・ゲイン・ロスの内訳明示など)、(2)概念の詳細化・明確化及び拡張(コンピューターソフトウエア支出を中間消費でなく投資に計上、GNPGNIに概念変更など)、(3)サテライト勘定を導入し、社会的な関心事項についての追加的な情報を提供、など。

(本庄真 大和総研監査役 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくみんけいざいけいさん‐たいけい【国民経済計算体系】

エス‐エヌ‐エー(SNA)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国民経済計算体系の関連キーワードSNA93SNA国民経済国民経済計算消費国民経済計算確報四半期別GDP速報経済計算論経済計算論争マクロ経済計算

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone