コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

STM-PDS方式 えすてぃえむぴーでぃえすほうしき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

STM-PDS方式

FTTH(Fiber-to-the-home)構想における光ファイバー敷設方式の1つ。STM-PDS方式では、一部の加入者宅を幹線の光ファイバー網にカプラ経由で直接接続するものの、一部の加入者宅向けには、共用型の光端末回線装置(ONU:Optical Network Unit)を接続し、このONUと加入者宅をメタルケーブルで接続する。通信方式としては、STMで、1.3μm波長の信号を利用したピンポン伝送方式を使用する。このSTM-PDS方式では、電話、および64kbps~数Mbpsのデータ伝送サービスに対応する。波長多重の技術を利用することで、CATVなどを実現できるとされる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

STM-PDS方式の関連キーワードFiber

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android