コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

STM-PDS方式 えすてぃえむぴーでぃえすほうしき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

STM-PDS方式

FTTH(Fiber-to-the-home)構想における光ファイバー敷設方式の1つ。STM-PDS方式では、一部の加入者宅を幹線の光ファイバー網にカプラ経由で直接接続するものの、一部の加入者宅向けには、共用型の光端末回線装置(ONU:Optical Network Unit)を接続し、このONUと加入者宅をメタルケーブルで接続する。通信方式としては、STMで、1.3μm波長の信号を利用したピンポン伝送方式を使用する。このSTM-PDS方式では、電話、および64kbps~数Mbpsのデータ伝送サービスに対応する。波長多重の技術を利用することで、CATVなどを実現できるとされる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

STM-PDS方式の関連キーワードFiber

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android