CATV(読み)シー エー ティー ビー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CATV

テレビ放送を有線で視聴するシステム。中継局と視聴者宅を光ケーブル同軸ケーブルで結び、専用チューナー(セットトップボックス)をテレビに接続して、地上デジタル放送衛星放送、独自番組などを視聴する。また、大容量の回線を生かし、放送サービスとともにインターネット接続サービスを提供する企業が多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

CATV

ケーブルテレビのことです。通常の電波を使った放送ではなく、各家庭まで専用のケーブルを引いて、限定された地域に放送を提供するサービスです。現在は、この番組配信用のケーブルを通信用に転用し、インターネット接続ができるサービスを提供する事業者が多くなっています。もとは専用の放送衛星を使い、事業者の送出した番組を共用のアンテナで受け、契約者宅までケーブルで配信したことから、「Community Antenna TeleVision」の略としてCATVとなりました。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐エー‐ティー‐ブイ【CATV】[cable television]

cable television同軸ケーブル光ファイバーケーブルなどを使ったテレビ放送。当初は難視聴解消のための共同アンテナによる受信、有線による分配を目的としたが、現在では双方向通信や衛星を利用したネットワークサービスをはじめ、インターネット接続サービス、IP電話などに使われている。有線テレビ。ケーブルテレビ。
[補説]もとはcommunity antenna television(共同アンテナ‐テレビジョン)の略語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

CATV【シーエーティーブイ】

community antenna television(共同アンテナ・テレビジョン)またはcable televisionケーブル・テレビジョン)の略。有線テレビジョン放送の一方式。テレビ放送が始まった初期のころには,辺地の難視聴地域に対し,山頂などに共同アンテナを建て,受信した信号を同軸ケーブルなどによって加入者に送る方式として用いられた。その後,都市部における難視聴地域の解決のため,加入者に同軸ケーブルを使って信号を送るCATVが営利的に考えられ,さらには〈自主番組〉送信も行われるようになった。現在多チャンネルの都市型CATVが始まっている。CATVは今後,衛星放送と光ファイバーケーブルのネットワークの時代に入ると予想される。さらに同軸ケーブルは,双方向通信が可能なことから,加入者との新媒体として将来が注目されている。
→関連項目MTVコンテンツCNN[会社]双方向通信デジタル放送テレビジョンニュー・メディア光ファイバービデオオンデマンドブロードバンド放送衛星有線テレビジョン有線放送

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

DBM用語辞典の解説

ケーブル・テレビジョン【CATV Cable Television】

契約によって視聴することができるテレビ放送サービス。各家庭には、直接ケーブル線によって接続される。実質的には、巨大なマスターアンテナで衛星からの電波を受信し、そこからケーブルによって各家庭につながれる。1975年、衛生が打ち上げられてから「CNN」(Cable News Network)などCATVが盛んになった。CATVは広告収入に依存していない有利性がある。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

流通用語辞典の解説

CATV【cable television/community antenna television】

有線テレビのこと。高層ビルの狭間や山間、へき地の難視聴対策からスタートしたが、同軸ケーブルや光ファイバーケーブルの使用により、高度通信システムヘの可能性を秘めた新しい情報手段として、注目を集めている。これまでのTVと決定的に異なるのは、これまでは電波をTV受像機が受信していたが、CATVは有線放送である。そのため受信者はケーブルを接続する必要があり、おのずとCATVの放送エリアは特定の地域に限られることになる。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

シーエーティーブイ【CATV】

有線によるテレビ放送サービス。元は山間部などの難視聴域において、共同アンテナ設備で受信した番組の有線放送サービスを指していたが、現在では多チャンネル放送・高速インターネット接続・IP電話など、さまざまなサービスを提供している。◇「community antenna television」から。「ケーブルテレビ」「有線テレビ」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

CATV
しーえーてぃーぶい
community antenna televisioncommon antenna televisioncable television

電波による無線送信ではなく、ケーブルを用いてテレビジョン放送などの情報を伝送するシステム。ケーブルテレビジョン、または有線テレビジョン放送ともいう。一つのアンテナで受信した信号を分配し、ケーブルを通して複数の受信者に分配するシステムである。アパートやマンションなどの集合住宅で、居住者ごとに個別のアンテナを設置する煩わしさを避ける目的で実施されたのが始まりである。その後、山間部など電波が届きにくくテレビの受信が困難な地域の難視聴対策用に発展した。この場合、受信者は同一建物内に限らず対象とする地域内の個別住宅まで拡大される。難視聴対策を主目的にしたCATVは、1954~1955年(昭和29~30)伊香保(いかほ)温泉(群馬県)で東京のテレビ放送を見るためにつくられたのが最初で、その後の実施例として山梨県甲府市や、長野県の諏訪(すわ)湖周辺市町に設けられた施設、筑波(つくば)学園都市のコミュニティケーブルサービスなどがあげられる。一方、都市部においても、起伏の多い日本の地形のため部分的に難視聴地域が発生しており、また都市の発展とともに高層ビルが多く建てられると電波がこれに遮られて難視聴地域が拡大され始めた。このため、1983年にマルチチャンネルCATVが認可されると、テレビの難視聴対策とともに多様なサービスを供給するマルチチャンネル型のCATV会社が都市部に開設されるようになった。これらは都市型ケーブルテレビとよばれる。
 CATVのケーブルとして初めは同軸ケーブルが用いられた。同軸ケーブルは非常に広い伝送帯域をもつため、テレビの放送波を受信して再送信するだけでなく、地域を対象にしたお知らせ、コマーシャル、映画、スポーツ中継、特別番組などを独自に有料で提供するような形態も取り入れられるようになった。電波にはないケーブルの利点として、送信者から視聴者に情報を送信するだけでなく、視聴者から送信者に情報を送る、双方向型システムを構成できることがあげられる。双方向型システムでは、視聴者が送信者側に番組に関するリクエストや、身近な地域情報などを送ることができ、きめ細かいサービスが期待できる。
 2000年(平成12)ごろになると、衛星テレビ放送や地上波テレビ放送のデジタル化に対応してCATVのデジタル化が検討され、2004年から大都市を皮切りにデジタルCATVの運用が開始された。使用するケーブルも同軸ケーブルにかわって光ファイバーケーブルが主力になった。光ファイバーケーブルは同軸ケーブルよりもはるかに広い伝送帯域をもち、超高速のデータ伝送ができる。これによりCATVのサービスは、デジタル技術と光ファイバーケーブルの利点を生かして、地上波テレビジョン、BSテレビジョン、CSテレビジョンの再送信にとどまらず、自主放送、FMラジオ(FM=周波数変調frequency modulation方式を使ったラジオ放送)の再送信、インターネット接続、光電話(IP電話。IP=インターネットプロトコルInternet Protocol)接続など、多角的、総合的になっている。
 CATVに関する法律として、1973年「有線テレビジョン放送法」が従来の「有線電気通信法」とあわせて適用されていたが、これらは2011年に廃止され「放送法」(昭和25年法律第132号)に統合されている。
 都市型ケーブルテレビの事業者として2012年現在、ジュピターテレコム(J:COM(ジェイコム))、ジャパンケーブルネット(JCN)、TOKAIコミュニケーションズ(@T COM(アットティーコム))などがある。[吉川昭吉郎]
『戸村弘著『CATV事業のすべて』(1997・日本図書刊行会) ▽羽鳥光俊監修、吉崎正弘他共著『コミュニティメディアCATVの可能性』(2000・ぎょうせい)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のCATVの言及

【ケーブルテレビ】より

…テレビ電波の届きにくい山かげあるいはビルかげの受信世帯のために,受信良好地点に共同でアンテナを設置し,そこで受信した良好な電波を同軸ケーブルで各家庭に分配する共同アンテナテレビジョンが発祥である。これはCATV(Community Antenna Television)あるいはMATV(Master Antenna Television)という。このCATVは地上放送のVHFテレビ,UHFテレビ,FM放送,および衛星放送(BS),通信衛星(CS)放送の再送信,さらに事業者が制作・購入した自主番組も送出する大規模なケーブルテレビに発展した。…

※「CATV」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CATVの関連情報