幹線(読み)かんせん

精選版 日本国語大辞典「幹線」の解説

かん‐せん【幹線】

〘名〙 道路鉄道、電話などで、大もとになる線。主要区間相互を結ぶ、中心となる線。本線。⇔支線。〔電気訳語集(1893)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android