コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幹線 カンセン

デジタル大辞泉の解説

かん‐せん【幹線】

主要な道筋となる線。鉄道道路・電話などにいう。「幹線道路」「新幹線」⇔支線

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんせん【幹線】

鉄道・道路・電話・送電線などで、重要な地域を結ぶ主要な線。本線。 ⇔ 支線 「 -道路」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

幹線の関連キーワード国土開発幹線自動車道建設会議国土開発幹線自動車道建設法バックボーンネットワークヨーロッパ国際道路網国土開発幹線自動車道バックボーンLANインテグレータープリスビ道路ハートレック補助幹線道路ファラフェニ主要地方道北大路通り幹線系線区丸太町通り東大路通りポドリスクエリー運河ベルトゥア高規格道路

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幹線の関連情報