STM(読み)エスティーエム

デジタル大辞泉「STM」の解説

エス‐ティー‐エム【STM】[synchronous transfer mode]

synchronous transfer modeデータ通信方式の一。同期転送モード。時分割多重と呼ばれる方法で1本の通信回線複数回線で共用し、同時に通信を行う。

エス‐ティー‐エム【STM】[scanning tunneling microscope]

scanning tunneling microscope》⇒走査型トンネル顕微鏡

エス‐ティー‐エム【STM】[short term memory]

short term memory》⇒短期記憶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android