コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Shaykhī(英語表記)Shaykhi

世界大百科事典内のShaykhīの言及

【アフサーイー】より

…イラク,イラン各地に学んだのち,ヤズドでシーア派の教師として名声を得,カージャール朝のファトフ・アリー・シャーの招きにあずかったが,そのためかえってシーア派主流に憎まれ,とくに終末における再生の精神主義的解釈が攻撃のまととされた。その後各地を歩いたが,1824年以降シーア派主流と決定的にたもとをわかち,シャイヒーShaykhī派の祖となった。のちこの派からバーブ教運動が生まれる。…

※「Shaykhī」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android