コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャラーイル朝 ジャラーイルちょうJalāyirids; Jalāyiriyān (Āl-i Jalāyir)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャラーイル朝
ジャラーイルちょう
Jalāyirids; Jalāyiriyān (Āl-i Jalāyir)

イラクおよびアゼルバイジャンを支配したモンゴル系王朝 (1336~1432) 。イル・ハン,アブー・サイード (不賽因) に仕えたジャラーイル族のハサン・ブズルグ (在位 1336~56) が,イル・ハン国の崩壊に際してバグダードに権力を確立。ウワイス (在位 56~74) のとき,アゼルバイジャンを併合し,タブリーズに本拠を移す。アフマド (在位 82~1410) のとき,チムール (帖木児) の侵入により一時領土を失い,やがて回復したが,以後黒羊朝の台頭に抗しえず,1412年バグダードを奪われて急速に衰退した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャラーイルちょう【ジャラーイル朝 Jalāyir】

イル・ハーン国崩壊後,モンゴル系ジャラーイル部族の武将ハサン・ブズルグḤasan Buzurgがバグダードに建てた王朝。1336‐1411年。ハサン・ブズルグは1336年北西イランのタブリーズを占領し,チンギス・ハーンの子孫を君主に頂いたが,同様の傀儡(かいらい)君主を立てたチューパーンChūpān朝にここを追われた。ハサン・ブズルグは40年バグダードに新政権を樹立し,チンギス・ハーン家の君主を廃して自らがスルタンの位に就いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャラーイル朝の関連キーワードアブー・サイード(不賽因)サルマーネ・サーバジーウワイス・ジャラーイルシルバン・ハン国チンギス・ハーンカラ・コユンル朝ハサン・ブズルグトガ・テムル朝イル・ハン国チョバン朝在位

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android