コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフサーイー アフサーイー al-Aḥsā'ī, Shaykh Aḥmad

2件 の用語解説(アフサーイーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフサーイー
アフサーイー
al-Aḥsā'ī, Shaykh Aḥmad

[生]1753. アフサー
[没]1826. メジナ
イスラム教シーア派の一分派シャイフ派の始祖。ムッラー・サドラーの哲学の影響のもとに,シーア派存立のための根本理念であるイマーム (イスラムの預言者の血統をひく教団指導者) の理念に,独自の宇宙論に基づく形而上学的意味づけを行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アフサーイー【al‐Aḥsā’ī】

1753‐1826
アラビア半島のアフサー(ハサー)生れ。イラクイラン各地に学んだのち,ヤズドでシーア派の教師として名声を得,カージャール朝のファトフ・アリーシャーの招きにあずかったが,そのためかえってシーア派主流に憎まれ,とくに終末における再生の精神主義的解釈が攻撃のまととされた。その後各地を歩いたが,1824年以降シーア派主流と決定的にたもとをわかち,シャイヒーShaykhī派の祖となった。のちこの派からバーブ教運動が生まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アフサーイーの関連キーワードアラビア海アラビア半島アラブ人紅海ドーハアラビア糊タラムサーンアラビア風狂想曲アラビア風のアラビア科学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone