コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スフラワルディー al-Suhrawardī, Shihāb al-dīn Yaḥyā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スフラワルディー
al-Suhrawardī, Shihāb al-dīn Yaḥyā

[生]1155頃.スフラワルド
[没]1191. アレッポ
ペルシアの神秘主義哲学者。イスラム内部にありながら,存在を光とみなし,それを古代ペルシアのゾロアスター教の教義とプラトン的イデア論によって弁証しようとした。英知界と感覚世界の中間に想像界をおき,これにより神秘的経験が説明されると考えた。異端的思想のゆえに当時のイスラムの正統派ウラマーに受入れられず,サラーフ・ウッディーンに殺された。その影響は東方イスラムに残り,のちにイスファハン学派では主流を占め,またアビセンナ主義と結びついて,シーア派教義にも取入れられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スフラワルディー【al‐Suhrawardī】

1155‐91
ペルシア・イスラム思想家。イランのスフラワルドに生まれ,シリアのアレッポで没した。一般に,〈東方照明学の師Shaykh al‐Ishrāq〉として知られている。イスファハーンの学園でイスラム諸学を修得した後,西アジアを巡歴した。その間にイスラム神秘思想を学ぶ。他方,古代ペルシアに伝わったプラトン主義哲学およびグノーシス主義哲学からも霊感を得て,独自の神智学を完成した。才気煥発,傲岸不遜な人がらと非イスラム的概念を多く混入させた学説は,保守的な学者たちの反感を買い,ついにアレッポで獄死することになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスフラワルディーの言及

【イスラム哲学】より

… イスラム哲学における存在論・認識論・神智学の統合は,イブン・アルアラビーの思想において確立される。このような哲学的営みは,シーア派の世界で保存され,とくに十二イマーム派の神学がスフラワルディーの照明哲学やイブン・アルアラビーの神智学を摂取し,単なる護教論としての神学からアカデミックな哲学へと発展を遂げていく。このような十二イマーム派哲学の形成に寄与した人は,ミール・ダーマードMīr Dāmād(?‐1631)である。…

【スフラワルディー教団】より

…スフラワルディーSuhrawardī(1097‐1168)を創立者とするイスラム神秘主義教団(タリーカ)。12世紀にバグダードでスフラワルディーのために修道場が建てられ,教団の基礎がつくられた。…

【光の形而上学】より

…一方アラビアでは,アリストテレスにつぐ第二の師と尊称されたファーラービーにより,宇宙の階層的構造形成に関して英知体とその発出の理論が展開され,イブン・シーナーに継承された。また東方イスラムでは〈照明学派の長老〉スフラワルディーが新プラトン主義を古代ペルシアのゾロアスター教神智学と融合させ,全宇宙の現象を本源的な〈光の光nūr al‐anwār〉の階層的発出とみなす説を唱えて東方神智学を完成させた。 アウグスティヌスと偽ディオニュシウスの伝統にたち,〈“創世記”の哲学〉とでもいえる考えから,光の形而上学を新たに精緻化して提出したのはグロステストである。…

※「スフラワルディー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スフラワルディーの関連キーワードスフラワルディー(AbŪ Hafs‘Umar alカージー・サイード・アル・クンミークトゥブッディーン・シーラージーサラーフ・ウッディーンスフラワルディー教団インド・イスラム文化ミール・ダーマードムッラー・サドラーモッラー・サドラーモッラー・サドラーゾロアスター教イスラム哲学スーフィズムイラーキーコルバン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android