コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Spira Spira

世界大百科事典内のSpiraの言及

【シュパイヤー】より

…古くはケルト人の集落,次いで前70年以来ネメテース族が占めていたこの地域を,前56年カエサルが征服,以後ノウィオマグスがローマのキウィタス・ネメトゥムの中心となった。496年フランク族がこの地を占領し,6世紀に初めてスピラSpira(地名シュパイヤーの由来)と名づけられ,遅くとも614年までに司教座に昇格,以後つねに都市と呼ばれている。シュトラスブルク(ストラスブール)からマインツへ通じる街道がライン川と交差する渡河点という有利な位置のゆえに,重要な商業都市となった。…

※「Spira」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Spiraの関連キーワード特発性呼吸窮迫症候群インターコムの陰謀デフレスパイラル日本呼吸器学会蝦夷の白花下野スピリファー螺旋状ボール炎の陰謀中核NAエンジン円葉岩下野スピルリナ丸葉岩下野会津下野岩繍線菊丸葉下野穂先下野MERS穂咲下野大和川蜷スレマツ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android