コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TTM Telegraphic Transfer Middle rate

1件 の用語解説(TTMの意味・用語解説を検索)

FX用語集の解説

TTM

仲値のことです。銀行が個人などの顧客取引や、10万ドル未満の外国為替取引をする際の基準レートとして用いる外国為替レートを仲値といいます。東京市場の場合、一般的には、午前9時55分ごろのレートを参考に仲値を決めていますが、仲値は銀行によって若干異なります。なお、仲値決済のドルが不足しているときに「仲値が足りない」あるいは「仲値不足」といわれたりします。その場合、足りないドルを市場で購入する必要がありますから、そのドル買いによってドル円相場が上昇することがあります。

出典|(株)外為どっとコム
(C)2002-2010 Gaitame.com Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

TTMの関連キーワード電信売相場電信買相場仲値TTM(Telegraphic Transfer Middle Rate)現金買相場(Cash Buying Rate)現金売相場(Cash Selling Rate)公示相場公示レート対顧客市場仲値(TTM:Telegraphic Transfer Middle Rate)カバー・ディール

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

TTMの関連情報