Uターンアプローチ(読み)U turn approach

パラグライダー用語辞典の解説

Uターンアプローチ

ランディグ場の周囲を利用したアプローチから場周(じょうしゅう)アプローチともいう。高度処理のポイント(空域)からU字のコースを経てアプローチする方法のこと。1人で飛んでいる場合、結果的に安全に着陸できればどんな降り方でも良いのであるが、複数のパイロットが一つのランディング場を使う事から、ニアミスなどを避ける為に、ルールをつくる必要がある。そして、パイロットであれば誰が見ても、ランディングしようとしている者が「今、何をしているのか」を瞬時に理解できるアプローチ方法として、Uターンアプローチがある。類似したアプローチでオーバーヘットアプローチがあるが、こちらはオーバーヘッド、つまりランディング場の前(風上)からファイナルアプローチコースに進入するもので、具体的に「どこのコースを通過するのか?」の定義はなかった。詳しくは場周アプローチ参照
ya-9.jpg

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android