コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Uターンアプローチ U turn approach

パラグライダー用語辞典の解説

Uターンアプローチ

ランディグ場の周囲を利用したアプローチから場周(じょうしゅう)アプローチともいう。高度処理のポイント(空域)からU字のコースを経てアプローチする方法のこと。1人で飛んでいる場合、結果的に安全に着陸できればどんな降り方でも良いのであるが、複数のパイロットが一つのランディング場を使う事から、ニアミスなどを避ける為に、ルールをつくる必要がある。そして、パイロットであれば誰が見ても、ランディングしようとしている者が「今、何をしているのか」を瞬時に理解できるアプローチ方法として、Uターンアプローチがある。類似したアプローチでオーバーヘットアプローチがあるが、こちらはオーバーヘッド、つまりランディング場の前(風上)からファイナルアプローチコースに進入するもので、具体的に「どこのコースを通過するのか?」の定義はなかった。詳しくは場周アプローチ参照
ya-9.jpg

出典|パラグライダー用語辞典について | 情報

Uターンアプローチの関連キーワードベーシックパイロットダウンウィンドレグポジション

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android