USIMカード(読み)ユーシム カード

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

USIMカード

携帯電話ユーザーの加入権情報が保存されているカード。GSMやW-CDMA方式の携帯電話で使用されているSIMカードを、第3世代(3G)携帯電話用に機能を拡張したものでUIM カード(User Identity Module Card)とも呼ぶ。契約した電話会社から提供されたカードを携帯端末に差し込むと、その携帯電話で通話ができるようになる。国内ではNTTドコモの「FOMAカード」、ソフトバンクモバイルの「SoftBank 3G USIMカード」などがある。なお、auがCDMA 1X WINで使用している「au ICカード」は、R-UIMカード(Removable User Identity Module Card)である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ユーシム‐カード【USIMカード】

universal subscriber identity module card》携帯電話やPDAに差し込んで使用する、契約者情報を記録したICカードシムカードを拡張したもので、個人の電話帳やクレジット決済に関する識別情報なども記録される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android