コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

VJ圧縮

1件 の用語解説(VJ圧縮の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

VJ圧縮

SLIPやPPPのようなシリアルラインを使ったTCP/IP接続において、TCP/IPヘッダーを圧縮して転送効率を向上させるための機能。そのためVJヘッダー圧縮呼ばれることもある。SLIPやPPPにおけるオプション機能であり、プロトコルスタックのインプリメントによっては使えないことがある。TCP/IPプロトコルでは、送受信パケットの先頭にIPやTCPヘッダーがあり、その後にデータ部が続いている。標準的なTCP/IP通信ではこのヘッダー部の長さは、IPヘッダーが20bytes、TCPヘッダーが20bytesで、合計40bytesとなっている。たとえばTCP/IP上でTelnetプログラムを使うと、ユーザーが入力した1文字(1bytes)がホストコンピューターに送られ、さらにそれがエコーバックされて(1bytesが)返ってくる。このときの通信量は、送信が41bytes、受信が41bytesで計82bytes分のトラフィックが生じる(SLIPの場合。PPPではさらに下位プロトコル層でヘッダーとトレイラが付加される)。つまり、2bytesのデータ通信のために80bytesものオーバヘッドが生じている。このオーバヘッドを極力避けるために考案されたのがVJヘッダー圧縮の技法である(VJは開発者の名前)。RFC1144で規格化されている。ある1つのTCP/IPコネクションに注目すると、連続するTCP/IPパケットのヘッダーのうちで、実際に内容が変わっている部分はそう多くはなく、さらにTCPの(32ビットの)シーケンス番号やアクノレッジ番号も単純にデータ量に応じて増加しているだけである。また冗長なフィールドもあるので、これらの特性を考慮すると、ヘッダーを圧縮することが可能となる。VJ圧縮アルゴリズムでは、ヘッダーデータ内の各フィールドに変更があったかどうかを表わす差分フラグ情報を送信する、変更のあったヘッダーデータのみを送信する、シーケンス番号/アクノレッジ番号は増分を計算して送信する、などの技法を使い、40bytesのヘッダーを最大で3bytesにまで圧縮できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

VJ圧縮の関連キーワードSLIPフルライン戦略デッドボールラインエディトリアルライターしり腐れ(セイヨウナシの)ホテルライク5メートルライン7メートルラインホッグラインタッチインゴールライン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone