冗長(読み)じょうちょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

冗長

予備余分なものという意味。コンピューターの分野では、予備の装置システム、処理系統などを指す言葉。たとえば、システムダウンやサーバーダウンなどの障害を回避するために用意する予備装置は「長構成」と呼ぶ。シンプレックスデータ検索情報データの誤りを検出、修正するために使われる情報のこと。この情報には文字やビットなどが使われる。ビットで表される情報のことを、冗長ビットという。誤り検出方式ビット

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ちょう〔‐チヤウ〕【冗長】

[名・形動]文章・話などが、むだが多くて長いこと。また、そのさま。「話が冗長に流れる」「冗長な論文」
[派生]じょうちょうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

じょうちょう【冗長】

通常は使用しない装置やシステム、処理系統などを配置していること・様子。何らかの障害が発生した際にこれらを機能させ、被害最小限にとどめる。◇本来は「無駄な部分が多く、くどくどと長たらしいこと・様子」の意。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうちょう【冗長】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
くだくだしく長いこと。無駄が多くだらだら長いさま。 「 -な文」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冗長の関連情報