コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WWW Consortium だぶりゅーだぶりゅーだぶりゅーこんそーしあむ

1件 の用語解説(WWW Consortiumの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

WWW Consortium

WWW全般の標準化を行なう団体。一般にはW3Cと略記されることが多い。W3CはIETF(Internet Engineering Task Force)と呼ばれる委員会のワークグループで、WWWに関する具体的な標準化項目についてここで議論される。このうちHTMLは、IETFのApplication Areaと呼ばれるワークグループで標準化作業が進められている。W3Cは1994年7月にMITCERNによって設立され、現在は、MITのLCS(Laboratory for Computer Science)とフランスのINRIA(The French National Institute for Research in Computer Scinece and Control)が中心となって運営されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

WWW Consortiumの関連キーワードIABANSIOSTAOMGオープングループJEDEC標準化MMACENELECボランタリー・インターインダストリー・コミュニケーション・スタンダード

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone