CERN(読み)せるん

  • Conseil Européen pour la Recherche Nucléaire

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

欧州素粒子物理学研究所。1954年にヨーロッパの12カ国が出資して設立された研究所。WWWの仕組みを開発したことで知られる。CERNという略称は、暫定的な組織として発足したときに付けられた「Conseil Europeen pour la Recherche Nucleaire」という名前が由来。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

《〈フランス〉Conseil Européen pour la Recherche Nucléaire》1954年、フランス・英国・スイスなどが共同出資して設立した原子核・高エネルギー物理学の研究機関。一般にはジュネーブ郊外にある中央研究所をいう。地下には、スイスとフランスの国境をまたぐ形でLHC大型ハドロン衝突型加速器)が建設された。欧州合同原子核研究機関

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヨーロッパ合同原子核研究機構(European Organization for Nuclear Research)。1952年フランス,西ドイツ(現ドイツ),イタリア,ベルギー,オランダ,北欧三国,スイス英国など12ヵ国が共同で原子核物理学の研究を進めるために設立した。中央研究所はジュネーブ近郊メランにあり,約600メガボルトのシンクロサイクロトロン,450ギガ電子ボルトのシンクロトロンをもつ。
→関連項目シュタインバーガーシンクロトロン反物質ファン・デル・メーアモッテルソン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヨーロッパ合同原子核研究機構Centre européen pour la recherche nucléaireの略称。物質を構成する基本粒子,すなわち素粒子とは何かを明らかにすることを目的として,ユネスコ勧告に基づいて,1954年スイスのジュネーブに設立された物理学研究所。この分野の実験的研究には巨大な粒子加速器が不可欠であるが,加速器の建設には莫大な費用がかかるので,アメリカとソ連以外の国は単独ではこの負担に耐えられない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨーロッパ原子核研究機構European Organization for Nuclear Research(英語)/Organisation Européenne pour la Recherche Nucléaire(フランス語)の略称。欧州合同原子核研究所ともよばれる。スイスのジュネーブ郊外、フランスとの国境地帯に設置されている世界最大規模の素粒子物理学の研究所である。CERNとは、この機構の開設を準備した組織のフランス語名称Conseil Européen pour la Recherche Nucléaireの頭文字で、機構開設後も正式な略称として使われている。

 1954年に設立され、ヨーロッパ諸国(20か国がメンバー)による素粒子、高エネルギー物理、原子核物理、加速器科学の共同利用施設である。地下に全周27キロメートルに及ぶ円形加速器を有し、大型ハドロン衝突型加速器(LHC:Large Hadron Collider)を使い、世界最先端の素粒子物理の実験を行っている。CERNは非メンバー国からの研究者も受け入れており、また、WボソンとZボソンを発見したルビアなど多くのノーベル物理学賞受賞者を輩出している。2012年7月のヒッグス粒子の発見には、超巨大装置アトラスATLAS(A Toroidal LHC ApparatuS)を使った実験を行った日本の研究者グループも大きく貢献した。素粒子物理学研究以外でも、現在のインターネット環境の基礎になるさまざまな技術(HTML、HTTP、WWW)を開発したことでも知られる。なお、日本はオブザーバー国として参加している。

[山本将史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のCERNの言及

【研究所】より

…科学の巨大化の傾向は,巨大な加速器を必要とする高エネルギー物理学などにもみることができる。大加速器の建設と維持には莫大な費用がかかるため,ヨーロッパ諸国は共同出資して,ジュネーブ近郊にCERN(セルン)(欧州合同原子核研究所)を設立した。ビッグ・サイエンスは,米ソを除いては,一国の手に余るものとなってしまったのである。…

※「CERN」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CERNの関連情報