WWW(読み)だぶりゅだぶりゅだぶりゅ、だぶりゅーだぶりゅーだぶりゅー

  • WWW World Wide Web
  • World Weather Watch Programme
  • world wide web
  • スリーダブリュー
  • ダブリュダブリュダブリュ
  • ダブリュ・ダブリュ・ダブリュ
  • ダブリューダブリューダブリュー
  • ワールドワイドウェブ
  • ワールド・ワイド・ウェブ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

World Wide Web。世界中に蜘蛛のように張り巡らされたハイパーテキストシステム。ハイパーテキストシステムとは、文書内にある文字列が、別のテキストやファイルにリンクしていることを指す。1989年にCERN(Conseil Europeen pour la Recherche Nucleaire:欧州合同素粒子原子核研究機構)」のティム・バーナーズ・リー氏が考案した、さまざまな技術によって成り立っているシステムの総称だ。ユーザーがWebブラウザーURLを指定すると、HTTPによってWebサーバーへの接続とWebページを取得するためのコマンドの送信が行なわれる。指定されたファイルが存在すれば、Webサーバーから指定したファイルが転送されてくる。Webブラウザーは、HTML形式などのファイル情報を読み込み、書式情報や文書構造を表わす「タグ」の内容に合わせてテキストを画面に表示する。テキストだけでなく、画像、音声、映像も同様に処理が可能である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

インターネット上でウェブページを利用する仕組みの名称で「ワールドワイド・ウェブ」の略称です。アドレス(URL)が割り当てられていれば、世界中のどのコンピュータに保存されている情報でも、種類を問わず呼び出せること、ページ内のリンクをクリックするだけで別のページを呼び出せることなどが大きな特徴です。世界中のウェブページがリンクによって複雑につながっている様子が、まさにクモの巣(ウェブ)に似ていることから命名されました。インターネットの主要な利用目的として、電子メールに並び世界中で利用されています。
⇨URL、インターネット、ネットワーク
ホームページ、リンク

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

百科事典マイペディアの解説

World Wide Webの略。インターネット上で広く使用されている情報検索システムをいう。1989年ヨーロッパ合同原子核研究機関(CERN)のティム・バーナード・リー研究員が考案した。文字や画像,音声などさまざまな情報を組み合わせ,それらをHTMLを用いて記述する。このようにして整備・蓄積された情報を検索するためイリノイ大学のマーク・アンドルーセンによってMosaicが考案され,インターネット上のどこからでも簡単にあらゆる情報に到達できるようになり,爆発的に利用者が増加した。
→関連項目イントラネットネットサーフィンVRMLブラウザホームページ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

DBM用語辞典の解説

分散データベース・システムの一種。HTML言語で記述された、文字・音声・画像・動画などの情報を扱うことが可能。世界中のウェブサーバが提供する情報に直接、ハイパーリンクし、情報検索、情報発信することができる。この機能を利用するには、クライアント側にブラウザが組み込まれている必要がある。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

ホームページ制作用語集の解説

World Wide Webの略。単にWeb(ウェブ)と呼ばれることも多い、インターネットやイントラネットで標準的に用いられるドキュメントシステム。

出典 (株)ネットプロホームページ制作用語集について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ワールドワイドウェブ。◇「world wide web」の頭文字から。⇒ワールドワイドウェブ
ワールドワイドウェブ。◇「world wide web」の頭文字から。⇒ワールドワイドウェブ
インターネットで標準的に使われる情報提供システム。1989年にCERN(欧州原子核研究機構)のティム・バーナーズ・リーが考案。ハイパーリンクで相互に結びつけられるハイパーテキストを採用している。◇「world wide web」の頭文字から。ハイパーリンクで結ばれた情報網があたかも蜘蛛の巣(web)のように張り巡らされていることに由来。略して「ウェブ」ともいう。また、「ダブリューダブリューダブリュー」「スリーダブリュー」ともいう。⇒ハイパーテキスト

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

World Weather Watch
世界気象監視計画。世界気象機関の中心的事業の一。国際協力によって気象の長期予報の正確を図ろうとするもの。
World Wide Web
ワールドワイドウェブ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のWWWの言及

【インターネット】より

…また,1985年にNSF(アメリカ科学財団)がARPAネットを吸収するような新たな基幹通信網に基金を出したが,それに接続するネットワークがすべてTCP/IPを採用したこともあって,TCP/IPはアメリカの研究教育機関における事実上の標準となった。90年代に入り,インターネット上に流れている,あるいは蓄積されている情報にアクセスする仕組みとしてWWW(World Wide Web,ウェブ)がCERN(ヨーロッパ合同原子核研究機構)で開発され,それを図示的に閲覧するためのブラウザ(Mosaic,Netscape,Internet Explorerなど)が次々に登場した。インターネットの商業利用も認められた。…

【データベース】より

…ここでは,複数の利用者による多目的共同利用という色合いが薄れているが,もちろんパソコンのネットワークによる情報の共有がありうる。また,最近では,WWWといういわば地球規模の情報資源が現出しつつある。WWW自体はデータベースといえないにしても,さまざまのデータベースを構築する素材を,WWW経由で入手できる。…

【電子ドキュメント】より

…応用分野としては,CALS等が挙げられる。(3)ハイパーテキスト インターネットを爆発的に発展させたWWW(ワールドワイドウェブ)サービスの中核となったHTMLに代表される第三世代のハイパーテキスト型ドキュメント。HTMLはSGMLの仕様に基づいて記述されたドキュメントであり,その最大の特徴は,論理構造の表現を木構造に限定せず,リンクによるネットワーク構造の記述能力を備えていることである。…

【ネットワークサービス】より

…同じく電話網を使用するが,ファクシミリで製品情報を提供するサービスなどもある。一方,代表的なコンピューターネットワークであるインターネットでは,リモートホストの遠隔利用Telnet(Telecommunication Network),ファイル転送FTP(File Transfer Protocol),メール転送SMTP(Simple Mail Transfer Protocol),ニュース転送NNTP(Network News Transfer Protocol)などの古典的サービスだけでなく,WWW(World Wide Web)のサービス,音声やビデオなどの放送サービス,情報検索サービスなどの多様なサービスが提供されている。また,インターネット電話やインターネットファクシミリなどのように,従来の電話網の機能をインターネット上で使用できるようにもなった。…

※「WWW」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

WWWの関連情報