コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Watts,J.W. WattsJW

世界大百科事典内のWatts,J.W.の言及

【ロボトミー】より

…モーニスは,精神病者の精神症状は前頭葉に至る神経経路を遮断することによって改善されると考え,前頭葉白質内への無水アルコールの注入による神経繊維の凝固,および白質切截器leucotomeによる手術法を明らかにした。しかしモーニスの原法である前頭葉白質切截術frontal leucotomyはヨーロッパではあまり行われず,むしろアメリカにおいてフリーマンW.Freeman,ワッツJ.W.Wattsらによって発展させられた。日本では,とくに第2次大戦後の一時期,精神科の治療法の一つとして施行されていたが,向精神薬の導入や,脳に回復不能な影響を与えるだけに,とり返しのつかない後遺症をもたらし,治療効果にも疑問があるなどから,手術そのものへの厳しい批判もあり,行われなくなっている。…

※「Watts,J.W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Watts,J.W.の関連キーワードローリング・ストーンズ真珠岩質組織サブオフィティック組織小田裕一郎ワッツスモールワールド・ネットワーク精神外科フォーサイス(William Forsythe)無垢の歌チャーリー ワッツ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android