コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワッツ ワッツ

6件 の用語解説(ワッツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワッツ
ワッツ

「ウォッツウォッツ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワッツ(George Frederic Watts)

[1817~1904]英国の画家・彫刻家。愛と生、死をテーマに寓意画を描き、多くの肖像画も残した。作「希望」など。ウォッツ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DBM用語辞典の解説

ワッツ【WATS】

WATS参照。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

ワッツ

正式社名「株式会社ワッツ」。英文社名「WATTS CO., LTD.」。小売業。平成7年(1995)設立。本社は大阪市中央区城見。100円ショップチェーン。「meets.」「安價堂」「百円村」の店名で日用品を販売。直営の小規模店舗中心。他社への卸売りも行う。東京証券取引所第1部上場。証券コード2735。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ワッツ【George Frederick Watts】

1817‐1904
イギリスの画家,彫刻家。ロンドンに生まれ,10歳で彫刻家ベーンズW.Behnesの弟子となり,18歳のときローヤルアカデミースクールで学ぶ。1843,47年ウェストミンスターホール装飾のための競作で入賞。その間イタリアに遊学し,ベネチア派,ことにティツィアーノの影響を受ける。肖像画家として優れるが,聖書や神話的主題による寓意的な作品によって名声を得た。【湊 典子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

20世紀西洋人名事典の解説

ワッツ


ウォッツをも見よ。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワッツの関連キーワードエプスタインサザランドジェフリーズメノングレタ橋ロンドン・クラシカル・プレイヤーズロンドン橋落ちたレーノルズリトルフギルレー

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワッツの関連情報