コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Weber,A. WeberA

世界大百科事典内のWeber,A.の言及

【工業立地】より

…この理論は農業に関するものであるが,その発想は後の工業立地論の展開と経済地域構造解明に大きな影響を与えた。 チューネンの農業立地論に匹敵する工業立地論を体系づけ,立地論研究の基盤を確立したのは《工業立地論》(1909)を著したウェーバーAlfred Weber(1868‐1958。マックス・ウェーバーの実弟)であり,彼の理論はその後の立地論の展開に,また現実の工業立地分析に大きな影響を与えている。…

※「Weber,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Weber,A.の関連キーワードウェーバー(Ernst Heinrich Weber)ウェーバー(Eduard Friedrich Wilhelm Weber)ウェーバー(Bruce Weber)ギデンズ血管腫母斑症織工ヴェーバーの法則(生理学)ヴェーバーの法則(電磁気学)プロトブラスティック

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android