コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Weber,W. WeberW

世界大百科事典内のWeber,W.の言及

【ポピュラー音楽】より


[先進国型ポピュラー音楽]
 ポピュラー音楽は,その本質からして当然のことであるが,先進資本主義国におけるものと旧植民地諸国におけるものとでは,あらゆる点で大いに様相を異にする。《音楽と中産階級Music and the Middle Class》(1975)の著者ウェーバーWilliam Weberによれば,ロンドン,パリ,ウィーンにおいて,18世紀後半にエリート家庭内で音楽会が催されることが多くなり,1830年代から40年代には公開の演奏会が急増し,70年にかけて近代的興行形態による演奏会が確立する。つまりこの時期に,クラシック音楽の聴衆層が形成される。…

※「Weber,W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Weber,W.の関連キーワードウェーバー(Ernst Heinrich Weber)ウェーバー(Eduard Friedrich Wilhelm Weber)ウェーバー(Bruce Weber)ギデンズ血管腫母斑症織工ヴェーバーの法則(生理学)ヴェーバーの法則(電磁気学)プロトブラスティック

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android