コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

X線透視診断 エックスせんとうししんだんX-ray fluoroscopy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

X線透視診断
エックスせんとうししんだん
X-ray fluoroscopy

人体を透過したX線をケイ光板に当てるとX線像を得ることができる。この像を暗室で観察する診断法を透視という。長所は,臓器の動きが観察できる点,カテーテル検査などさまざまな処置をしながら適切な瞬間に撮影できる点,腸閉塞や異物誤嚥のように急を要する場合に便利な点などがある。逆に短所としては,ケイ光板上の像が不精密な点,被検者のX線被曝がやや多い点,術者が散乱線に被曝する点などである。最近はX線テレビ装置が発達して,暗室が不要となり,画面の明るさや鮮鋭度も顕著に改善され,患者や術者の被曝量も減少した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android