暗室(読み)あんしつ(英語表記)darkroom

  • 暗室 dark room

翻訳|darkroom

世界大百科事典 第2版の解説

写真フィルムや印画紙の現像,写真の焼付けその他の作業,あるいは光学,科学の実験や作業を行うために,不必要な光が入らないよう遮光した部屋をいう。写真感光材料を包装,カセットあるいはパトローネなど遮光された容器から取り出して現像,焼付けなどの作業をするには,感光材料が感光する光をさえぎった室内で行う必要がある。一般撮影用パンクロフィルム,カラーフィルムなどは真っ暗な室内で取り扱う必要があるが,黒白写真の印画紙や直接撮影用X線フィルムなど黄や赤の光に感じない感光材料を扱うには,暗室内に黄や赤のセーフライトを置いて作業をする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

写真の作業で、遮光されていない写真感光材料を取り扱ったり、処理するために必要な作業室。暗室は遮光が完全であるとともに、ほこりが少なく、換気がよく、湿気が少ないことがたいせつで、恒温室が理想的である。一般用の暗室は、引伸し機や印画紙を置く作業台と、現像などを行う流しがある。流しは、酸やアルカリに耐えるステンレスや塩化ビニル製が用いられる。通風用に換気扇と換気窓を装着し、冷暖房機が設置されていることが多い。作業用照明にはそれぞれの感光材料に適応したセーフライト(安全光)を用いる。近年は、暗室でなければできない作業以外は明室で行う方向に進み、専門の現像所では、感光材料の装填(そうてん)のみを暗室で行い、あとは明室にある機械で処理するようになった。一般には、フィルム装填のみを暗室やダークバッグ(遮光袋)内で行う小型現像タンクや、明室で処理できるダークレス現像器、ダークレス引伸し現像器などが普及している。

[伊藤詩唱]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

暗室の関連情報