コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

X線造影診断 エックスせんぞうえいしんだんX-ray diagnosis with contrast media

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

X線造影診断
エックスせんぞうえいしんだん
X-ray diagnosis with contrast media

X線の吸収率に人工的に差をつけて検査する方法。目標とする臓器が,周囲臓器とX線吸収率の差がないと,単純X線写真では識別できないので,造影剤を用いてコントラストをつけ,その臓器の診断を容易にする。周囲組織よりX線吸収率の大きい陽性造影剤を用いるものには,硫酸バリウムによる胃腸検査と,有機ヨウ素剤を用いる気管支,胆嚢,腎盂,脊髄,子宮卵管,血管,リンパ管,唾液腺,瘻孔などの撮影がある。一方,周囲組織よりX線吸収率の小さい陰性造影剤を用いるものには,気脳法,脳室撮影,気胸法,気縦隔法,気腹法,後腹膜腔撮影などがある。両者を用いるものの代表は,主としてバリウムと空気を用いて行う消化管検査での2重造影法である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

X線造影診断の関連キーワード内科

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android