コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ZETA ジータZETA

翻訳|ZETA

デジタル大辞泉の解説

ジータ【ZETA】[zero energy thermonuclear assembly]

zero energy thermonuclear assembly》制御熱核反応装置。英国が1950年代に建設、運用した核融合実験装置。ゼータ。

ゼータ【ZETA】[zero energy thermonuclear assembly]

zero energy thermonuclear assembly》⇒ジータ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のZETAの言及

【セルビア】より


【歴史】

[中世セルビア王国の建国]
 7世紀初頭にバルカン西部に南下・定住した南スラブ系のセルビア人は,当初,族長(ジュパンžupan)に率いられた諸部族に分かれ対立・抗争を続けていた。その領域はラシュカRaška(現在のセルビア南西部),ゼータZeta(モンテネグロ),フムHum(ヘルツェゴビナ)に及んだ。8世紀から12世紀にかけて,セルビア人の南部地域は隣接するブルガリア王国やビザンティン帝国の強い影響を受け,その支配下に入った。…

※「ZETA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ZETAの関連キーワードクローネンベルクスイセン(水仙)解析的整数論ビアンキ藤岡信昭BeOS

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android