コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

epidēmos epidemos

世界大百科事典内のepidēmosの言及

【疫病】より

…【藤森 一平】
[疫病と文明]
 疫病は日本語では《古事記》や《日本書紀》には伇病,疫疾,疫気などと書かれ,エヤミ,エノヤマイ,トキノケなどと読み,鎌倉時代から江戸時代にかけては疫癘,時疫,ハヤリモノ,ハヤリヤマイなどと呼ばれていた。英語のエピデミックはギリシア語のエピデモスepidēmos(〈民衆の上に〉の意)から出た言葉である。 人類の歴史が始まってこのかた,人間の命を奪った最大の原因となったのは疫病であり,戦争や天災による死因をはるかに上まわる。…

※「epidēmos」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

epidēmosの関連キーワードCMOS歪(ひずみ)シリコンMOSLive MOSセンサー量子ホール効果トランジスタMOSトランジスタシリコン・ゲルマニウム・トランジスタSiGe トランジスタバイポーラ・トランジスタ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone