コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイパッドエア アイパッドエア iPad Air

1件 の用語解説(アイパッドエアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アイパッド‐エア(iPad Air)

米国アップル社が開発したタブレット型端末iPadの第五世代モデルとして、2013年10月に発表。旧世代モデルに比べ、重量は約7割、厚さは約8割になり、64ビット対応の新型マイクロプロセッサーApple A7により、処理速度が最大2倍になった。また、二つのアンテナを用いて通信を高速化するMIMO技術を採用。前年発売の第四世代モデルと同じく、画素密度が高いレティナディスプレー(2048×1536ピクセル)、顔認識AF電子式手ぶれ補正機能をもつ裏面照射型CMOSイメージセンサー採用の5メガピクセルカメラ、会話型アシスタント機能SiriLightningコネクターを搭載。LTEDC-HSDPAHSPA+などの高速データ通信規格に対応する。
[補説]2014年10月、さらに薄型軽量の後継モデルiPad Air 2が発表された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイパッドエアの関連キーワードiブックストアタブレット型情報端末XOOMソニータブレットアマゾンSilkAndroidタブレットiPadミニATIVタブレット型デバイスパッド型端末

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイパッドエアの関連情報