コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顔認識AF カオニンシキエーエフ

デジタル大辞泉の解説

かおにんしき‐エーエフ〔かほニンシキ‐〕【顔認識AF】

《AFはautofocusの略》デジタルカメラの機能の一。人間の顔を認識し、自動的にピントを合わせること。自動的に露光を調整する顔認識AE機能と併用されることが多い。→オートフォーカス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

顔認識AF

 ニコンのCOOLPIX7900および5900で初めて搭載されたAF機能で、撮像素子によって被写体の顔部分を認識し、その目にピントを自動的に合わせる動作をする。具体的には、顔、目、鼻、口などの人間のパーツをパターン認識、同時に肌色なども検出するものである。この種の技術は従来は肌色だけを検知するもので、精度がいまひとつだった。しかし、この顔認識AFはカメラとして初めてパターン認識技術を搭載、デジタルカメラだからこそ可能になった技術ではある。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

顔認識AFの関連キーワードiPadエアー画像認識

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android