ピクセル

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ピクセル

デジタル画像を構成する最小の要素で、画素とも呼ぶ。ドットと同じ意味で使われることが多いが、ドットは色情報がない丸い点でプリンタースキャナー解像度に用いる。ピクセルや画素は、色と階調の情報を持つ四角い点で、ディスプレーデジタルカメラなどの画素数に用いられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ピクセル(pixel)

コンピューターのディスプレーなどの画面を構成する最小単位の点。単位面積当たりのピクセル数が多いほど精密な表示ができる。画素。
(Pixel)2016年に米国グーグル社が発売したモバイル端末のシリーズ名。Nexus(ネクサス)シリーズの後継として開発され、実行環境としてアンドロイドを採用。音声アシスタントグーグルアシスタント、およびバーチャルリアリティープラットホームであるデイドリームを搭載している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

ピクセル

pixel。Picture Elementの略。画素。モニタ画面に表示される像を構成する最小単位。文字も画像も最小単位はピクセル。ディスプレイ画面では、ピクセルはRGBの3原色がワンセットになってフルカラーの画素を形成している。デジタルカメラの撮像素子のフォトセンサもピクセル(画素)と呼ぶことがあるが、このときはRGBまたはYMCの単色情報しか持っていない。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ピクセル

2015年のアメリカ映画。原題《Pixels》。監督:クリス・コロンバス、出演:アダム・サンドラー、ミシェル・モナハン、ケヴィン・ジェームズほか。パックマンドンキーコングスペースインベーダーなどのゲームキャラに姿を変えて地球侵略を開始したエイリアンに元ゲームオタクたちが戦いを挑むSFアクション。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ピクセル【pixel】

画像を構成する最小の単位。画像は縦横に並べられた色の付いた点で表現される。「ドット」と同じ意で用いられることがあるが、ドットは単なる物理的な点であるのに対し、ピクセルは色情報(色調・階調・透明度など)を持つ点を意味する。また、ディスプレーやデジタルカメラの出力画像の解像度は、「1024×768」「3264×2448」のように、横と縦のピクセルの数の積で表される。◇「picture(画像)」と「element(要素)」の混成語。「画素」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピクセルの関連情報