コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タブレット型端末 タブレットガタタンマツ

2件 の用語解説(タブレット型端末の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

タブレットがた‐たんまつ【タブレット型端末】

tablet-type device》液晶ディスプレーなどの表示部分にタッチパネルを搭載し、指で操作する携帯情報端末の総称。パッド型端末タブレット端末タブレット型情報端末タブレットデバイス。メディアタブレット。
[補説]タブレットパソコンとほぼ同義だが、タブレットパソコンが通常のパソコンのオペレーティングシステム(またはその派生版)を採用し、ノートパソコンのキーボードを省いて、小型軽量化を進めたものであるのに対し、タブレット型端末スマートホンデジタルオーディオプレーヤーの延長として、タッチパネルなどのユーザーインターフェースインターネットの通信機能を維持したまま、ディスプレーを大型化し、メディアプレーヤーとしての使いやすさを充実させたものといえる。前者は主に2000年にマイクロソフト社が提唱したタブレットPC構想に基づく一連のコンピューターを指し、後者は2010年アップル社が発表したiPadに代表される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タブレット型端末
たぶれっとがたたんまつ

タッチパネル機能をもつ液晶ディスプレーを主なインターフェースとして、指やペンなどで操作できるパソコンや携帯端末のこと。持ち運んでモバイル環境で使われることが多い。
 タブレットパソコン(タブレットPC)とよばれることもあるが、その場合、マイクロソフトのWindows(ウィンドウズ) OSなどのパソコン用オペレーティングシステム(OS)がベースになっていることが多い。それに対して、一般的なタブレット型端末はモバイルに特化したOSが使われる。アップルのiPad(アイパッド)をはじめ、グーグルGoogleのAndroid OSを搭載した製品など、数多くのタブレット端末が出ている。そこに携帯電話機能を付加し、機能強化したものがスマートフォンになる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タブレット型端末の関連キーワードTYPEautomatic train control deviceautomatic train operation deviceautomatic train stop devicecase tabletcold-typedalli‐typeintrauterine contraceptive devicepotential deviceleuconoid type

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タブレット型端末の関連情報