コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Siri しり Siri

2件 の用語解説(Siriの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

Siri

Apple社による音声認識アシスタント機能。単なる音声認識サービスではなく、認識した言葉に反応して、ユーザーが求めるアプリケーションを起動したり、質問に回答したりすることができる点が最大の特徴である。2012年7月現在、Siriが利用できるのは、iPhone4Sのみで、iOS5.1にアップグレードしたiPhone4Sでは、日本語でも利用できる。12年3月に発売された「新しいiPad」には、Siriは標準搭載されていないが、同年秋にリリースされる予定の次期iOSiOS6」にアップグレードすれば、利用可能となる。
Siriの利用は至って簡単。iPhone4Sなら、ホームボタンを長押しすると起動する。その後、「ご用件は何でしょう?」と表示されるので、例えば、「明日朝7時に起こして」と話せば、アラームセットされ、「○○君に電話」と話せば、アドレス帳に登録されている○○君に電話をかけることができる。また、「明日は何曜日?」などと話せば、音声で適切な回答が返ってくる。
Siriの技術は、米Siri社が開発したもので、10年4月にApple社がSiri社を買収し、Apple社のサービスとなった。ちなみに、Siriの語源は、ノルウェーの女性に付けられる名前であり、「勝利に導く美しい女性」という意味を持つ。
Siriは、認識した言葉を、3GやWiFiなどのネットワーク経由で、Appleのデータセンターに送り、解析し、回答する仕組みとなっている。現在、Siri に対応するアプリケーションは、FaceTimeメールカレンダー、連絡先、Safariといった、iOSに標準搭載されているものか、Apple社製のものに限られている。
ちなみに、日本国内では、ドコモ社の「しゃべってコンシェル」がSiriと同様のサービスであり、Android用のアプリとして無料で利用できる。
いずれにしても、このような人工知能をほうふつとさせる新しい音声認識サービスが普及すれば、スマートフォンやタブレットが一層便利なツールとなる可能性が高い。

(横田一輝  ICTディレクター / 2012年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Siri
しり

アメリカのアップル社のスマートフォン(iPhone(アイフォーン) 4S以降の機種)やタブレット型の携帯端末(iPad(アイパッド)の第3世代・iOS 6以降)などに搭載された、音声認識を利用した操作補助機能。Speech Interpretation and Recognition Interface(発話解析・認識インターフェース)の略。現在の時刻の確認や指定地域の天気予報の表示、電子メールの確認と読み上げや音声入力、予定表の追加やアラームの設定、インターネット検索など、基本的な操作のほとんどを、対応機種に話しかけることにより行うことができるとされる。自然言語処理の技術を用いた機能で、話しかけた音声をインターネット回線を通じてアップル社の音声認識エンジンに送信し、その解析結果を返信することによって実際の処理が行われる。そのため、利用時には通信回線に接続されている必要がある。発売時は英語、ドイツ語、フランス語だけに対応し、2012年(平成24)3月から日本語も試用版として対応を開始した。アメリカ以外では一部使用できない機能がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Siriの関連キーワード音声認識アシスタントアシスタントディレクター認識ある過失フィジシャンアシスタントメディカルアシスタントシリ音声認識システムティーチング・アシスタント/TA音声入力/音声認識

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Siriの関連情報