コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

irritant contact dermatitis irritantcontactdermatitis

世界大百科事典内のirritant contact dermatitisの言及

【皮膚炎】より

…症状も小水疱,糜爛(びらん),落屑(らくせつ),皮膚肥厚,皹裂(きれつ),色素沈着,痒疹,大水疱,潰瘍などさまざまである。 皮膚炎は大きく分けて,毒性のある化学物質が皮膚に触れて起こる刺激性接触皮膚炎irritant contact dermatitis(ICD)と,接触した化学物質に対する拒絶反応がTリンパ球によってもたらされ,抗原の付着した表皮細胞がキラーT細胞によって殺され,液化されて小水疱を形成するアレルギー性接触皮膚炎allergic contact dermatitis(ACD)の2種類がある。後者の変形として,アレルゲンが真皮内に存在してツベルクリン反応型の腫張,発赤を生ずるdermal dermatitisや,表皮基底層がT細胞の攻撃目標となって液化し,その中に含まれていたメラニンタンパク質が真皮上層にまき散らされて,治りにくい色素沈着を生ずる扁平苔癬(たいせん)~苔癬型反応のような反応型式もある。…

※「irritant contact dermatitis」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

irritant contact dermatitisの関連キーワード接触変成帯ファスビンダーシュレンドルフシュリンクケーラーハウザーベルグラーフパナマレンコウィーヘルトエンゲルス

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android