コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュリンク しゅりんく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シュリンク

コンピューターでは、主にCPUなどのICチッププロセスサイズが小さくなることを指す。本来の意味は「小さくなること」。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シュリンク(shrink)

縮むこと。萎縮すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

シュリンク【shrink】

ちぢむこと。萎縮いしゆくすること。
地直し 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュリンク
Schlink, Basilea

[生]1904.10.21. ダルムシュタット
[没]2001.3.21. ダルムシュタット
ドイツのプロテスタント修道院マリエンシュベスターの創始者。本名はクララ。神学者 E.シュリンクの妹。社会教育を学び,教師生活ののち,心理学で博士号を取り,さらに美術史,哲学,神学などを修めた。 1934年以降,マザー・マルチュリア (E.マダウス) とともにドイツ各地で講演旅行をしながらダルムシュタットで少女たちの聖書研究会を指導し,それが 1947年にエキュメニカルな性格をもつマリエンシュベスターとなった。現在はエベルシュタット近郊のカナンがその活動の中心地となり,世界各地から訪れる人々が祈りと静思によって霊的生命を受けている。その活動は各国に及んでいる。著書には"Realitäten. Gottes Wirken heute erlebt" (1962) がある。

シュリンク
Schlink, Edmund

[生]1903.3.6. ダルムシュタット
[没]1984.5.20. ハイデルベルク
ドイツのルター派神学者。自然科学,心理学,哲学を専攻 (1922~27) ,のちミュンスター大学で K.バルトに師事 (27~30) 。ベテル神学大学講師 (35) 。ドイツ教会闘争に参加。ハイデルベルク大学組織神学教授 (46) 。世界教会運動にも参与した。主著"Theologie der Lutherischen Bekenntnisschriften" (40) 。ほかに"Der Mensch in der Verkündigung der Kirche" (36) ,"Das theologische Problem der Musik" (46) ,"Der Ertrag des Kirchenkampfes" (47) ,"Bekennende Kirche und Welt" (47) ,"Die Lehre von der Taufe" (69) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シュリンクの関連キーワードヴォルフハルト パネンベルクスティーブン ダルドリーshrink wrapshrink packシュリンクラップ契約シュリンクレザーLTEダイレクトコンピューターパネンベルクシュリンクスパンパイプ地直しパン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュリンクの関連情報