シュリンク(英語表記)Schlink, Edmund

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「シュリンク」の解説

シュリンク
Schlink, Edmund

[生]1903.3.6. ダルムシュタット
[]1984.5.20. ハイデルベルク
ドイツのルター派神学者。自然科学,心理学,哲学専攻 (1922~27) ,のちミュンスター大学で K.バルト師事 (27~30) 。ベテル神学大学講師 (35) 。ドイツ教会闘争に参加。ハイデルベルク大学組織神学教授 (46) 。世界教会運動にも参与した。主著"Theologie der Lutherischen Bekenntnisschriften" (40) 。ほかに"Der Mensch in der Verkündigung der Kirche" (36) ,"Das theologische Problem der Musik" (46) ,"Der Ertrag des Kirchenkampfes" (47) ,"Bekennende Kirche und Welt" (47) ,"Die Lehre von der Taufe" (69) などがある。

シュリンク
Schlink, Basilea

[生]1904.10.21. ダルムシュタット
[没]2001.3.21. ダルムシュタット
ドイツのプロテスタント修道院マリエンシュベスターの創始者。本名はクララ。神学者 E.シュリンクの妹。社会教育を学び,教師生活ののち,心理学で博士号を取り,さらに美術史,哲学,神学などを修めた。 1934年以降,マザー・マルチュリア (E.マダウス) とともにドイツ各地で講演旅行をしながらダルムシュタットで少女たちの聖書研究会を指導し,それが 1947年にエキュメニカルな性格をもつマリエンシュベスターとなった。現在はエベルシュタット近郊のカナンがその活動の中心地となり,世界各地から訪れる人々が祈りと静思によって霊的生命を受けている。その活動は各国に及んでいる。著書には"Realitäten. Gottes Wirken heute erlebt" (1962) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「シュリンク」の解説

シュリンク

〘名〙 (shrink) 萎縮すること。
※くれの廿八日(1898)〈内田魯庵〉五「焔立った情が直ぐ萎縮(シリンク)して了う」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android