皮膚炎(読み)ひふえん(英語表記)dermatitis

  • 皮膚炎 dermatitis

翻訳|dermatitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表皮および真皮浅層の炎症性病変の総称症状は発赤,丘疹,小水疱,びらん,結痂 (かさぶた) ,落屑などが現れ,慢性のものでは患部肥厚,苔癬化などがみられる。原因的にみると,外因によるものを接触性皮膚炎,原因不明のものを湿疹あるいは湿疹性病変などという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

皮膚の炎症で,俗に〈かぶれ〉ともいう。組織に赤,腫,熱,痛の4徴候の起こるとき,古くから炎症と称してきた。これはもちろん組織の損傷に対する身体の反応である。皮膚も炎症が起こると,やはり赤くなり(紅斑),はれ(浮腫),熱っぽくなるが,一般に化学物質で起こる皮膚炎は,化学熱傷を除けば,痛みよりもむしろかゆみのでる場合が多い。症状も小水疱,糜爛(びらん),落屑(らくせつ),皮膚肥厚,皹裂(きれつ),色素沈着,痒疹,大水疱,潰瘍などさまざまである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広義には皮膚におきた炎症をさすが、通常、皮膚炎の呼称は、アトピー性皮膚炎、一次性刺激性皮膚炎、接触皮膚炎、脂漏性皮膚炎というように湿疹(しっしん)性疾患に対して用いられる。すなわち、皮膚炎は湿疹と同義に用いられることが多い。とくに線状皮膚炎、毒蛾(どくが)皮膚炎というように原因が明らかな外因性の皮膚炎(接触皮膚炎) をさす場合が多い。

[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 外界よりの刺激による皮膚の炎症をさす。動物や植物の毒、薬品などによる反応、放射線、太陽光線や熱、寒冷による反応などがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の皮膚炎の言及

【有毒植物】より

…植物体の全部あるいは一部に有毒成分を含み,人間や動物がそれを食べたりさわったりすると,中毒や皮膚炎をおこさせる植物。広義にはキノコを含むこともある。…

※「皮膚炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皮膚炎の関連情報