コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウザー Hauser, Arnold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハウザー
Hauser, Arnold

[生]1892.5.8. テネシュバール
[没]1978.1.28. ブダペスト
ハンガリー生れのイギリスの芸術社会学者,芸術史学者。 1951~57年リーズ大学教授,52~65年アメリカの諸大学客員教授。 E.トレルチ,G.ルカーチ,K.マンハイムらの影響を受け,諸芸術の歴史を社会学史の観点から考察した。主著『美術と文芸における社会史』 Sozialgeschichte der Kunst und Literatur (1951) ,『芸術史の哲学』 Philosophie der Kunstgeschichte (58) ,『マニエリスム』 Der Manierismus. Die Krise der Renaissance und der Ursprung der modernen Kunst (64) 。

ハウザー
Hauser, Kaspar

[生]1812頃
[没]1833.12.17. アンスバハ
1828年5月ドイツのニュルンベルク市当局に保護された出自不明で,ろくに口もきけなかった少年。付け手紙によれば,12年 10月7日の出生で,ある騎兵将校の子で,名はカスパルとあった。初め教育家 G.ダウマーに引取られたが,29年 10月何者かに襲われて負傷。次いでアンスバハに移り控訴裁判所長官 A.フォイエルバハのもとで書記となったが,2度目の負傷をして死亡。当時新聞雑誌に取りざたされ,バーデン公カルル・ルートウィヒの子で,バーデンの相続者なのを,公の未亡人が自分の産んだ子に跡を継がせようとして抹殺しようとしたのだとされた。その奇怪な経緯が文学的空想を刺激し P.ベルレーヌの"Sagesse"の詩 (1881) ,J.ワッサーマンらの小説,E.エーベルマイアー,P.ハントケの戯曲など多くの作品を生んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハウザー【Arnold Hauser】

1892‐1978
ハンガリー出身の英文学史家および芸術社会学者。1938年以降イギリスに住む。51‐57年リーズ大学教授。ジンメル,トレルチ,M.ドボルジャーク,ルカーチおよびマンハイムの影響を受け,芸術史を社会学,歴史学,思想史と総合させた。主著《文学と美術の社会史》(1953),《芸術史の哲学》(1958),《マニエリスム――ルネサンスの危機と近代芸術の始源》(1964)。【若桑 みどり】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ハウザーの関連キーワードヘルツォーク(Werner Herzog)シュミットニール・パトリック・ハリスヴェルナー ヘルツォークデトロイト・タイガースヤーコプ ワッサーマンシェリル ベンティーンワイルド・スピードX2K. トゥホルスキーデニース リチャーズロキタンスキー症候群ジャニス シーゲルアギーレ,神の怒りカート シオドマク大衆デモクラシーオーストリア演劇ウェアハウザー2CELLOSアラン ポールハウザー健康法

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハウザーの関連情報