コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

sharp sharp

翻訳|sharp

世界大百科事典内のsharpの言及

【変化記号】より

…基本音階(ハ長調音階つまりピアノの白鍵に相当)に含まれる音を幹音(かんおん)または本位音といい,これを半音一つまたは二つぶん変化させた音を派生音(変化音,変位音とも)という。変化記号には幹音を半音高くする嬰記号(シャープsharp ♯),半音低くする変記号(フラットflat ♭),半音二つぶん高くする重嬰記号(ダブル・シャープ ),半音二つぶん低くする重変記号(ダブル・フラット ♭♭),それに以上のすべての変化記号の効力を消して派生音を幹音に戻す本位記号(ナチュラルnatural ♮)の5種がある。 変化記号の役割には調号と臨時記号の二通りがある。…

※「sharp」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

sharpの関連キーワードロバーツ(Richard J. Roberts)メルク(Merck & Co. Inc.)Addicted to lovesharp pencilタナカダファミリアアンシャープマスクシャープビル事件テッド リゲティファティ アキンシャープペンシルシャープ源五郎擬記号の名称と意味メルク(米国)マムーリアンアレックス林さとうみなみ忌野 清志郎シャープネス淡紋芥子牙虫ARETHA

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

sharpの関連情報